HOME > まだまだある酵素の驚くべき力 > 体内酵素とは?

消化酵素と代謝酵素から成り立つ

体内酵素とは、私たちが生きていくために必要な酵素です。
消化酵素・・・食べ物を消化したり、吸収したりする際に使われる酵素です。必要な栄養分を吸収するという働きもあるので、不足することで健康の維持に深く関係あります。
できる限り無駄使いしたくない酵素です。

代謝酵素・・・からだの細胞を作ったり、免疫力を高めたり、病気を自然治癒させたり、考えたり、活動したりとさまざまなことに使われている酵素です。
不足すれば日常生活に支障を来すことになります。

体内酵素の無駄使いを防ぐ方法

体内酵素、無駄なく節約して使いたいものですね。どのような方法があるのでしょうか?
まずは、暴飲暴食をしないことです。若いときは体内酵素も十分にあるので、食べ過ぎても消化も早くさほど後に引くことはなかったと思います。
年齢を重ねる内に、「昔のように食べられなくなった」これは、体内酵素を無駄使いしないようにしているためです。
同じく、アルコールの過剰摂取も気を付けましょう。食品添加物や保存料についても酵素の無駄使いをしてしまうので気を付けたいところです。

体内酵素を増やすには?

それでは、体内酵素を増やすためにどのような方法があるのでしょうか?
それは、毎日の食事を気を付けることからはじまります。酵素を多く含む生野菜や果物、生魚や発酵食品の摂取を心がけましょう。
和食の朝食はかなり酵素摂取できるものばかりです。納豆、漬物、味噌汁などどれも酵素の点で言うと、素晴らしいものばかりです。
しかし、現代人は酵素不足によりさまざまな病気に掛かっています。普段の食事で摂取が難しい場合は、酵素サプリメントや酵素ドリンクを利用することも考えてみましょう。

このページのトップに戻る