HOME > 酵素ドリンクについて > 酵素ドリンクの作り方

酵素ドリンク自分で作る?

酵素ドリンクの作り方は案外簡単です。酵素ドリンクに使う野菜や果物、砂糖、大き目の瓶があれば可能でしょう。
黒砂糖は、ミネラル成分が多すぎて酵素ドリンク作りには向かないようなので、ここは上白糖がベストです。
使う果物は、旬のもので無農薬のものが好ましいでしょう。作る際には果物の皮なども一緒に使うことが大切なので、皮をむかずに使用して下さい。
果物と砂糖を交互に入れて蓋をし、発酵を促すためにやや暖かい場所がいいでしょう。後は1日1〜2回は素手で混ぜることをお忘れなく!
出来上がりの目安は、材料が浮いてきてシュワシュワの泡が出る頃です。

手作り酵素ドリンクに向いている果物とは?

手作り酵素ドリンクに向いている果物は安心して摂取できる果物ということになります。
先ほども言ったように旬のものがいいのですが、時期によっては適当な果物がないということもあるでしょう。
また、産地も気になるところです。そこで年間を通じてお勧めできるのは、りんごということになるのでしょうか。
殆どが日本産ですし、年間を通じて価格も割と安定しているので、酵素ドリンク作りには適しています。
その他に、柿も日本産が当たり前の果物なので安心して作ることができるでしょう。

でも手作りには限界が・・・

手作りの面白さもあって、一度は酵素ドリンクの手作りに是非チャレンジしてほしいのですが、やはり最終的にはダイエット目的でいえば、市販の酵素ドリンクをお勧めしたいと思います。
というのは、やはり含まれている原材料の種類にも雲泥の差がありますし、100種類前後の材料を用いて自宅で作ることはほぼ不可能ですから。
ただ、続けるとなると金銭的な問題もありますし、高価な酵素ドリンクは結構値段も高いです。しかし、値段については購入しやすいものもたくさんありますので、そこまで気にすることもないでしょう。

このページのトップに戻る