HOME > 酵素の知られざるパワー > 酵素の種類

消化酵素、代謝酵素、食物酵素に分けられる

消化酵素とは私たちが食べた食物を消化・吸収するための酵素であり、代謝酵素は腸壁で吸収された栄養をエネルギーに変化させ、食物酵素は外部から取り入れる酵素のことを言います。
また、食物酵素は生の食材に含まれており、生野菜・果物・生魚・生肉・発酵食品に含まれています。
食物酵素を摂取することで、体内にある酵素を使わずに済む、すなわち節約になります。酵素は体内で作ることはできないので使う量を節約する、もしくは食物酵素を含む食材を多く摂取するしかありません。

何が酵素の無駄使いになるのでしょうか?

体内で酵素を作ることはできませんし、生の食材から酵素を摂取することで補うのが一般的な方法なのですが、酵素を無駄使いしない方法についても考えてみましょう。
酵素の無駄使いになる行動は、食べ過ぎが筆頭として挙げられます。消化や吸収に酵素が使われるためにどうしても酵素の無駄使いになります。
特に、肉食に偏った食生活も酵素の無駄使いの元となります。肉食の消化には大量の酵素が使われるので、体内の酵素が減る原因になります。

酵素を使う量を少なくするのは無理ならどうすればいいの?

酵素の無駄使いをしないことで体内の酵素が減るのを少しでも遅らせることが分かりました。
では、どうすれば体内の酵素をあまり使わずに済むのか?気になりますよね。
酵素を多く含む生の食材を摂取することが一番なのですが、毎食となるとなかなか難しいのもありますし、途中で続けることが難しくなることも考えられます。
そこで簡単・便利・効果絶大という三拍子揃った「酵素ドリンク」を飲むことで、楽々続けることができるのです。

このページのトップに戻る